学校法人 古里学園 大古里育ちの森幼稚園

  • あけましておめでとうございます。第3保育期がスタートしました。みんな大好きニワトリのピッケの形の凧を作りました。凧揚げだけでなく、森を散歩したり、日向ぼっこさせたり、自分で名前を考えてつけてあげたりと思い思いに楽しんだ子どもたちでした。

  • 冬休み遠足がありました。参加者は浦和駅に集まり皆で電車に乗り新橋まで「劇団四季アラジン」を観劇しにいきました。劇が終わると「面白かった!」「もう一回観たい!」「ジャスミンが可愛かった!」と大満足の子ども達でした。帰りの電車では疲れて寝てしまう姿もあり可愛らしかったです。

  • お餅つきがありました。青空組の子どもたちは重たい杵を持ち上げて一生懸命お餅をつきました。「納豆美味しい〜!」「10個食べちゃった!」と季節ならでは日本ならではの文化に触れました。また、野遊びもありました。雨のしずく集めに夢中の子どもたち。野遊びが終わった午後もたくさんしずくを集めていました。

  • 子どもたちが大好きな野遊びがありました。今回はカブトムシの放虫と焼き芋を行いました。カブトムシのお腹を見てオスとメスを見分けたり、今年2回目となる焼き芋では季節ならではの焚き火や味に笑顔いっぱいの子どもたちでした。また、落ち葉のプールにも入り秋の自然にたくさん親しんでいました。

  • 子どもたちが待ちに待ったお店屋さんごっこがありました。警察・病院・ペット屋さん・寿司屋さん・アクセサリー屋さん・時計屋さん・クッキー屋さんとそれぞれの個性が光るとても素敵なお店屋さんが並びました。無事にお店屋さんが終わると「疲れた!」「楽しかった!」と笑顔いっぱいに教えてくれました。

  • 草加煎餅丸草一福へ遠足に行ってきました。子どもたちはおせんべい工場の見学とおせんべいの手焼き体験を行いました。焼きたてのおせんべいを食べ「美味しい!」「お米の味がする!」と大興奮でした。またひばり組と合同で宇宙科学館に遠足に行きました。大きなプラネタリウムでは素敵な星空に夢中の様子でした。

  • 三室中のふれあい体験がありました。中学生のお兄さん・お姉さんの手作りおもちゃで遊んだ子どもたちは「明日も行く?」「次はいつかな?」ととても楽しい時間を過ごす事ができました。またサツマイモ掘りでは、お芋を自分で掘り、そのサツマイモを観察しながら絵も描きました。食べるのがたのしみてす。

  • 誕生日会がありました。「大太鼓がいいな〜」「よっしゃ!シンバル!」と久しぶりの合奏にやる気満々の子どもたち。指揮を見ながら、歌を楽しみながら合奏することができました。またハイキングもありました。土手遊びでは枯葉だらけになりながら思い切り秋ならではの遊びを楽しむ様子がありました。

  • 「一緒に帰ろう」がありました。「私は○○先生チーム!」「家までの道は任せて!」など出発前からドキドキワクワクが止まらない様子の子どもたち。帰り道では美味しいおやつも食べ、楽しく、また毎日園まで送ってくれるお母さん・お父さんへの感謝の気持ちも感じる機会となったのではないかと思います。

クラスだより【青空組】